「ミノムシになろう!」〜ふくるる森のようちえん

今日のテーマは「ミノムシになろう!」です

 

冬になり葉っぱが落ちると、

風に揺れるミノムシが目立つようになるのですが、

最近はめっきり見かけなくなりました。

中国から入ってきた天敵のハエが原因だそうです。

 

 

20170201-P2010116.jpg

 

公園に到着!

 

子どもたちは開けた場所を走り回って体がぽかぽかに。

いつの間にか、みんなコートを脱いでいます。

 

20170201-P2010100.jpg

 

そのあと、みんなで集めたクヌギなどの葉っぱで

「木の葉のベッド」作りです。

 

20170201-P2010129.jpg

 

「わー」 「きゃ〜」 「ふぁー」 「ひゅぉ〜」

テンション高く、みんな口々にオノマトペを叫びながら、

葉っぱを散らしたり、葉っぱの中にもぐったり・・・

大さわぎ

 

そうして、厚さ50センチもあるふかふかの葉っぱの上に

上手にシーツを被せたら、すてきな「木の葉のベッド」の完成!

みんなで横になって、「気持ちいい〜」

 

この落ち葉も時が経つと土に還っていきます。

 

 

「豆みたい!」と女の子

二本の大木に吊ったハンモックは

色が緑なのでまるでエンドウマメのようです。

 

こどもたちがふたりずつ入ってお豆さんになります。

 

20170201-P2010140.jpg

 

ハンモックから出る時が大変です。

何とかサヤから出てきました。

 

”木の葉のベッド”と、ハンモックの”森のベッド”で遊んだあとは

今日のテーマの「ミノムシになろう!」です。

 

落ち葉のうえを転がって、葉っぱや木の枝を体にくっ付け、変〜身!

ミノムシになってロープにぶら下がります。

 

 

20170201-IMG_20170201_160520.jpg

 

 

20170201-P2010154.jpg

 

ミノムシになり切り

「もっと、もっと揺らして−」の声があがります。

 

20170201-P2010155.jpg

 

 

そのあとは、室内でミノムシの絵本教室です。

 

ミノムシの一生の物語

子どもたちは、どんどん前のめりになって

”その先その先、ミノムシはどうなるの?”と興味津々

 

以前はミノムシの皮は財布やバッグなどにも使われるなど、

深いかかわりがある生き物です。

 

ハエの天敵のハチやクモが発見され

減少のスピードが遅くなる可能性もあるようですが、

(生態系すごいですね)

ミノムシを見たことがない子どもが増えていくのかな・・・と

姿が見えなくなって少し寂しい気持ちになった冬の公園でした。


今日のテーマは「ふゆめかんさつ隊」です。〜ふくるる森のようちえん

今日のテーマは「ふゆめかんさつ隊」です。〜ふくるる森のようちえん

 

 

寒い冬の間、じっと耐えながら春を待つ植物たちがいます。

 

しかしただ我慢しているだけではないのです。

 

それぞれが独自の工夫をして寒さや乾燥から体を守っています。

 

 

今日は、そんな工夫を植物から学ぶ1日です。

 

 

先ずはかんさつの大切なルールについて。

 

それは1分間、じっとひとつのものを見続けること。

 

 

1分間って思っている以上に長いものです。

 

じっくりと見続けると、

 

それまで見えなかったものが、見えてきます。

 

気づかなかったことに、気がつきます。

 

(新たな発見)

 

 

そうして、沢山の大切なことを学んでいきます。

 

 

20170118-P1180074.jpg

 

 

さあ、10倍ルーペを首に下げて「ふゆめかんさつ隊」出発です!

 

 

「こっちにおもしろいのが、あるよ〜!」

 

おもしろい冬芽を発見した子どもが、

 

大声をあげて、みんなのところへ走っていきます。

 

20170115-P1150050.jpg

 

みんなが集まってきました。

 

「カマキリの手(カマ)みたい」

 

「ウサギみたい」

 

「風に吹かれて髪がぶぁーってなっているみたい」

 

 

子どもたちは、みぶりてぶりで、冬芽のまねをしています。

 

 

じっくりと見ると、冬芽がいろいろなカタチにみえてくるね

 


20170115-P1150045.jpg

 

 

カチカチ

 

モコモコ

 

フワフワ

 

トゲトゲ

 

ゲンコツのようなもの・・・

 

 

20170118-P1180082.jpg

 

(この冬芽は、どんなカタチをしているのかな?)

 

いろいろな冬芽を

 

子どもたちもお母さんも、食い入るように見ています。

 

 

アジサイ、クヌギ、サクラ、ハナミズキなどが楽しくなるような工夫をしています。

 

 

観察したものを、忘れないように、白いハンカチにクレヨンで描いていきます。

 

20170118-P1180109.jpg

 

 

20170118-P1180117.jpg

 

かまきりや、きつね、うさぎ・・・

いろいろなものに似ているふゆめを見つけたね

 

 

20170118-P1180119.jpg

 

冬芽にいろいろな色があるのを発見したね

 

 

20170118-P1180118.jpg

 

枝のさきっぽについている冬芽やは大きくて

 

枝の途中についている冬芽は小さかったね。

 

枝の左右についている冬芽もあったね

 

赤いコートを着ている冬芽もあったね

 

 

みんなの冬の思い出の出来上がりです。

 

 

今日、みんなが発見したふゆめたち

 

春にはどうなっているかな?

 

 

ふくるる森のようちえんは、年間を通して

 

自然とふれあいながら、自然の不思議を見つめていきます。


「ふくるる森のようちえん」参加者募集します!

「ふくるる森のようちえん」参加者募集!!

fukururu_moriyou_rogo.png

〜都市に暮らしていても、

子どもたちには自然とふれあいのびのびと育って欲しい〜

との思いで開園しています。

 

ふくるる森のようちえんに参加しませんか

 

【対象者】 

4歳から6歳のお子さまと、その保護者

 

【内容】

野外での自然遊びを中心に「幼児の環境教育プログラム」

※活動の様子は、NPP法人森の学校 「blog」や「Facebook」をご覧ください。

Facebook: https://www.facebook.com/morinogakkou.official/

 

【開園日】

第1、第3水曜日の午後(基本)

2016年12月7日(水)、12月21日(水)

2017年1月18日(水)、2月1日(水)、2月15日(水)、3月8日(水)予定、3月15日(水)

 

【参加費】

親子2名で3,000円/回 子ども1名追加毎に1,000円/回

 

【場所】

都立 夢の島公園(東京都江東区)

 

【集合】

14時 新木場駅(東京メトロ有楽町線、JR京葉線、りんかい線)

 

【解散】

16時30分 都立夢の島公園

 

【申込み方法】

下記の内容を明記して、メールまたはFAXで森の学校事務局までお申し込みください。

〇疚勝覆子さま、保護者)

△棺蚕蝓

ご連絡先(TEL、FAX、E-mail(お持ちであれば添付データを受信可能なアドレス))

せ臆担望日

 

20150610-P6100774.jpg

 

 

【事務局】

NPO法人森の学校

〒104-0061東京都中央区銀座七丁目18-13-203

TEL: 03-5565-1144(平日11:00〜18:00) FAX: 03-5565-1199

E-Mail: morinogakkou@kankyou.info

ホームページ : http://www.morinogakkou.jp/

Facebook: https://www.facebook.com/morinogakkou.official/

blog: http://morinogakkou.jugem.jp/

Instagram:https://www.instagram.com/morinogakkou.official/


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
森の学校バナー
blog ranking
クリックすると、似た内容のブログを探すことができます 人気ブログランキングへ にほんブログ村 環境ブログ 環境ボランティアへ にほんブログ村 環境ブログ 循環型社会へ にほんブログ村 アウトドアブログ 野遊び・森遊びへ
としのう(都市農)バナー
profile
search this site.
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM