<< 里山で いきいきと生きづく 小さな命たち | main | 里山の風景10月 「森の学校農園」 >>

葉の形を決める仕組み新発見! 京都大生命科学研究科の小山知嗣助教たちのグループ

葉っぱのカタチ

いろいろあって、とってもおもしろい

いろいろあって、いくつ見てもあきない


葉っぱのカタチ

それぞれ違ってて、それがとっても愛しい


植物が共通して持っているTCPっていう遺伝子群が
葉の滑らかな形をつくる働きと、
茎の先端部にあって葉を作り出すためのシュートメリステムっていう
組織の形成を阻害する働きの、
2つの役割を持つことが分かったんだって


葉っぱのカタチ

科学的に解明されて、それもまたおもしろい


以下、Yahooニュース================

植物の葉の形、自在に制御 京大助教ら遺伝子解明
京都新聞 12月1日(水)14時59分配信
 
(左から)通常のシロイヌナズナの葉、働かなくさせたTCP遺伝子の種類が三つの葉、四つの葉、五つの葉、七つの葉(小山知嗣助教提供)
 植物が葉の形を決める仕組みの一端を、京都大生命科学研究科の小山知嗣助教たちのグループが明らかにした。
複数ある「縮れ」遺伝子が、葉を縮れさせたり、葉の縁を滑らかにするのを制御していた。米科学誌「プラント・セル」に1日発表した。
 植物にはさまざまな葉の形があるが、それらがどのように決められているのかは、よく分かっていない。
 小山助教たちは、植物の成長などにかかわるとされる「TCP遺伝子グループ」の機能をシロイヌナズナで調べた。
グループには24種類の遺伝子があるが、働かないようにした種類数に比例して、縮れ度合いが増した。
逆に働きを強めると、葉の形が滑らかになってギザギザした部分がなくなり、強め過ぎると、葉を作り出す細胞がうまく形成されずに生育が悪くなった。
 小山助教は「葉と同じ方法で、花の形を変えることもできることを確認しており、園芸植物の形態を変えるのに応用できる」と話している。

最終更新:12月1日(水)14時59分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101201-00000017-kyt-l26

================================

葉の形を決める仕組みの新たな発見 〜平らな葉をちぢれ葉にしてわかったこと〜

京都大学 (研究 ニュース 2010年12月1日)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101201_1.htm

京都大学 大学院生命科学研究科
http://www.lif.kyoto-u.ac.jp/j/

米国誌「Plant Cell」のオンライン速報版
http://dx.doi.org/10.1105/tpc.110.075598


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
森の学校バナー
blog ranking
クリックすると、似た内容のブログを探すことができます 人気ブログランキングへ にほんブログ村 環境ブログ 環境ボランティアへ にほんブログ村 環境ブログ 循環型社会へ にほんブログ村 アウトドアブログ 野遊び・森遊びへ
profile
search this site.
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM