<< 肌荒れの樹木 銀座の自然しらべvol.4 | main | 春さがし散歩−昭和通り− 銀座の自然しらべ vol.5 >>

日本橋で『森の学校 春の十思公園ネイチャーツアー』

厳しい寒さがずいぶん和らいできました。

春の訪れを感じるとわくわく心が躍ります!


森の学校は、3月2日(土)に

中央区の協働ステーション中央にて開催された

”知る 笑う つながる まちの大文化祭”で、

『森の学校 春の十思公園ネイチャーツアー』を行いました。



テーマは 
         『十思公園の春を見つけよう!』
     〜みて さわって かんじる いのちのつながり〜 です。

ルーペを使ったり、実際にさわって感触を確かめたり、

ビワの花の甘い香りをかいでみたりと、五感を使って公園の春を感じます。



魔法の葉っぱのシャリンバイ。葉の裏を爪楊枝の頭でこすりつけて絵をかいてみると・・・



数分後に書いたところだけ色が変わり、くっきり絵が浮かび上がります!



参加された方は近隣にお住まいの方がほとんどでした。

「普段は、この公園もただ通り抜けるだけだったけど

じっくり見てみるとおもしろいものですね」と

身近な自然を楽しんでいただけたようです。

遠くの山に自然をかんさつに行かなくても(それはそれで楽しいですね)

少し見方を変えるだけで、まちの中の小さな公園でも

自然を感じることが出来ます。

ツアーを終えて、十思公園をより身近に感じていただけていたら、嬉しく思います。






室内会場は都選定歴史的建造物の十思スクエア(旧十思小学校)です。

中央区で活動している団体が展示やワークショップなどを行っています。

森の学校のブースでは今が旬の冬芽を紹介します。



ふわふわのコートを羽織ったもの、たくさん重ね着をしているもの、

じっと身を固めて待っているもの、

いち早く春を察知してもう芽吹いているものもあります。

樹木は冬を越すためにさまざまな工夫をしています。


そういえば、公園の冬芽は下見の時よりふっくらとしていました。

春は本当にすぐそこまで来ているのかもしれませんね。

冬芽がほぐれて、つやつやの新芽がそこから顔を出すのを

楽しみにしていたいと思います。


                   (あっちゃん 記)  
                     〜おわり〜

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
森の学校バナー
blog ranking
クリックすると、似た内容のブログを探すことができます 人気ブログランキングへ にほんブログ村 環境ブログ 環境ボランティアへ にほんブログ村 環境ブログ 循環型社会へ にほんブログ村 アウトドアブログ 野遊び・森遊びへ
としのう(都市農)バナー
profile
search this site.
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM