<< 今日のテーマは「干潟はいのちのゆりかご」です。「ふくるる森のようちえん」 | main | 「コロコロの土」ふくるる森のようちえん >>

今日のテーマは「光の色 〜ヒトの世界、ムシの世界〜」です。「ふくるる森のようちえん」

今日のテーマは「光の色 〜ヒトの世界、ムシの世界〜」です。

 

雨上がりの空にかかった大きな虹。

思わず見とれてしまう美しい虹の色は

人間だけが見ることができるのです。

 

私たち人間とムシは目の働きが異なるため、

見ることができる光の色が違います。

なので、ヒトが見ている花の色と、ムシが見ている花の色は違うんです。

不思議ですね。

 

 

 

公園に着いた子どもたち、

夏草が生い茂る原っぱを駆け巡ります。

 

しっぽ取り のコピー.jpg

 

 

ムシが大好きな子が、熱心に草むらを探しています。

 

草むらのバッタを見つけたい のコピー.jpg

 

足で軽く草をけると、ムシがあわてて飛び出しました。

おやっと気づいた子どもが、

ガサガサ、トントン、ガサガサ・・・

リズミカルに草を動かしだすと、

飛び出すムシの数も増えて、大興奮です

 

 

 

今度は、「忍者ごっこ 森の中のかくれんぼ」です。

黒いポリ袋に切れ目を入れて頭からかぶって、忍者に変身。

 

忍者になりきります のコピー.jpg

 

 忍者になりきった子どもたち、いっせいに木の陰に隠れたのですが・・・、

なんとなんと、一回目はみんなで同じところに隠れてました。

みんな仲良しさんになったのでしょうね。

 

林を駆ける忍者たち のコピー.jpg

 

 

 

今日のテーマ「光の色 〜ヒトの世界、ムシの世界〜」のスタートです。

 

「空には、どんな色があるかな?」

最初に、みんなで空の色をあげていきました。

 

空は何色? のコピー.jpg

 

「しろ」、「みずいろ」、「オレンジ」など、

いろんな色の名前が出てきます。

 

そのうち、子どもたちは競うように、

「光っているしろ」、「光っているオレンジ」、

「濃いあお」、「薄いあお」など、色の名前をどんどん増やしていきました。

 

空には、光には、いろんな色があることに気づいたようです。

 

 

そこで、光の色を見るためにシャボン玉を飛ばします。

 

シャボン玉 のコピー.jpg

 

 「オレンジ」、「アオ」、「ミドリ」・・・

子どもたちは、見つけた色の名前を叫びながらシャボン玉を追いかけます。

シャボン玉が消えると、スタッフのもとに駆け戻り、

自分が見つけた色を口々に報告してくれます。

 

 

 

太陽の光が虹みたいな色の帯(スペクトル)に見える

というのを体験するために、

太陽の光を虹のように分ける装置(分光器)を作ります。

 

紙コップを黒く塗る のコピー.jpg

 

紙コップの内側を黒く塗り、

光が入るすき間と、観察用の穴をあけます。

CDを差し込むための切り込みを入れれば、できあがり!

 

ずいぶんお母さんに助けてもらいましたが、

みんな上手にできました。

 

分光器.jpg

 

 明るい方向を向いて、観察用の穴からのぞくと、

CDの表面にきれいな虹の色のリボンが現われて、

「見えた!、見えた!」と大喜びです。

 

分光器をのぞく、修正済み のコピー.jpg

 

 

 

ヒトとムシは目の働きが異なるため、

花の色や模様は、ムシにはヒトとは違って見えています。

 

 

「ムシには、どんな風に見えると思う?」

 

ヒトの目に見える花の写真を見て、

みんなでムシの見え方の当てっこゲームです。

 

う〜ん、残念ながらなかなか当たりません。

見えない世界を想像するのですから、むずかしいですね。

 

虫の眼で見ると のコピー.jpg

 

 当てっこゲームのあと、

ムシの目で見た花の写真を並べます。

 

「ムシの見え方には、同じようなところがあるんだけど、何だと思う?」

 

こどもたちはすぐに、色が違うので模様が違って見えること、

そして、花のまん中が目立つことに、気づきました。

 

「花のまん中には、何があるのかな?」と問いかけると、

 

「ミツがある」とか、「粉があるところ」、「ムシが花のまん中に集まるよ」という答えが返ってきました。

 

 

花は、ムシに来て欲しい場所(花粉)を、

ムシの目から目立つようにしています。

 

ムシにとって、花の中で一番行きたい場所(ミツ)が、

目立って見えています。

 

ムシの目で花のまん中が目立つことは、

花とムシとの不思議で大事なつながりを表わしています。

 

 

最後は、ペットボトルの中に雲を作る遊びです。

 

ペットボトル実験.jpg

 

 内側を軽く湿らせたペットボトルに線香の煙を入れ、

すぐにフタをして、

両手でペットボトルをギュッと押してへこませ、パッと放します。

 

この動作を何度か繰り返すと、手を放したときに

ペットボトルの中に雲が現われました。

でも、もう一度押してへこませると、雲は消えました。

 

(ペットボトルがへこむと、中の空気圧と温度が高くなり、水蒸気ができて透明になります。逆に、ペットボトルが膨らむと、中の空気圧と温度が低くなり、煙と水分が付着して白いツブ、つまり雲になります)

 

ペットボトルの中に雲を作る のコピー.jpg

 

雲はチリに水が付いてできること、白く見えることを、

自分の目で見て実感することができたようです。

 

 

「ねえ、黒い雲は、どうして黒いの?」

ひとりの子どもがスタッフのところに来て尋ねました。

 

「黒い雲は、どういうときに見えるのかな?」

「雨が降るとき」

「雨が降るときには、空にいっぱい雲があるでしょう?」

「うん」

「雲がいっぱいになって、大きく厚くなると、太陽の光が下まで届かなくなるよね?」

「あ、そうか! 分かった!」

「雲は黒いんじゃなくて、暗いんだよ」

 

答えにたどり着いた子どもは、とっても嬉しそう。

目をキラキラさせて、みんなのところに飛んで帰りました。

 

 

 

太陽の光にはいろんな色があることを確かめ、

自分たちが見ている花の色や模様と、

ムシが見ている花の色や模様が違うこと、

そこには、植物やムシの生きるための知恵がひそんでいることにふれた子どもたち。

 

自然の中の生きものたちの“命のつながり”に思いをはせて、

人間とは違う世界へ、好奇心を広げるきっかけにしてもらえたらうれしいですね。

 

 

【分光器を使うときのご注意】

目を守るため、光が入るすき間から直射日光を入れないように注意してください。

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
森の学校バナー
blog ranking
クリックすると、似た内容のブログを探すことができます 人気ブログランキングへ にほんブログ村 環境ブログ 環境ボランティアへ にほんブログ村 環境ブログ 循環型社会へ にほんブログ村 アウトドアブログ 野遊び・森遊びへ
profile
search this site.
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM